AICC | ハングル文学美文字

ハングル文学美文字講座

心を込めて奇麗なハングル文字を書いてみませんか?

■講座スケジュール:隔週の火曜日 19:30~21:00
■講師:視聿
■金額:1,500円(税込)

ご予約はコチラから

  • 講座の概要

    近年 パソコンや携帯電話の普及により、手で文字を書くという機会も減ってきました。
    そんな中、ネット文化大国の韓国では、最近「手書きの文字」に対し関心が集まってきています。

    ・アーティストへのファンレターを綺麗に書きたい。
    ・韓国の友人に心をこめて書きたい
    ・韓国の純文学に触れながら綺麗な言葉を接したい
    心が込められた文字は書く人はもちろん、見る人も幸せにする「アナログの感性」を蘇らせます。

    本講座では「美文字」をテーマに韓国の近代文化のを中心に
    先生が毎回、おすすめの詩やエッセイ、小説から美しいハングル近代文学を中心に解説・鑑賞と共に筆写していきます。
    初心者の方でも無理なく楽しく続けていけるように、先生が一から段階を追って丁寧に指導致します。一緒に言葉と文字の奥深い世界を体験してみましょう。

  • スケジュール

    ■隔週火曜日開催 19:30~21:00
    ■日時
    ①2017年10月3日
    ②2017年10月24日
    ③2017年11月14日
    ④2017年11月21日
    ⑤2017年12月12日
    ⑥2017年12月26日

    ※スケジュールが変更になる可能性もございます。予めご了承ください。

  • カリキュラム

    ■「李海仁(이해인イヘイン)シスター」特集

    韓国で愛されているカトリック教会シスターでもある詩人李海仁(이해인 イヘイン)。
    自然と人生について暖かい目線で詠う。韓国で多くの人に愛されている李海仁(이해인 イヘイン)シスターの詩は読む人々の心を慰めてくれる。
    李海仁(이해인 イヘイン)シスターの詩を筆写しながら自分自身と向き合う時間を設けてみましょう。

    【10~12月】李海仁(이해인 イヘイン)シスターの詩集、「タンポポの領土(민들레의 영토)」から抜粋し、解説、筆写

    10月3日 :ヒマワリ恋歌(해바라기 연가)
    10月24日 :橋(다리)
    11月14日:『私の魂に火を置き』から「내일(明日)」
    11月21日:『私の魂に火を置き』から「삶(生)」
    12月 :時間の顔(시간의 얼굴)から2作品

     

     

     

     

    ⇐李海仁(이해인 イヘイン)シスターの詩集、「タンポポの領土」

     

     

    ーこれまでの内容ー
    ~李海仁(이해인 イヘイン)シスター特集~
    ①2017年7月11日
    「タンポポの領土(민들레의 영토)」解説、筆写

    ②2017年7月25日
    「友へ(벗에게)」解説、筆写

    ③2017年8月8日
    「私の魂に火を置き(내 혼에 불을 놓아」解説、筆写

    ④2017年8月22日
    「生きている日は(살아있는 날은)」解説、筆写

    ⑤2017年9月12日
    「希望へ(희망에게)」解説、筆写

    ⑥2017年9月19日
    愛は何処でも(사랑은 어디서나)」解説、筆写

    ~靑鹿派特集~
    ①2017年4月11日
    朴木月(박목월)「旅人(나그네)」解説、朗読、筆写

    ②2017年4月25日
    朴木月(박목월)「閏四月(윤사월)」解説、朗読、筆写

    ③2017年5月16日
    趙芝薰(조지훈)「僧舞(승무)」解説、朗読、筆写

    ④2017年5月23日
    趙芝薰(조지훈)「タンポポの花(민들레꽃)」解説、朗読、筆写

    ⑤2017年6月13日
    朴斗鎭 (박두진)「花の雲の中で(꽃구름속에)」解説、朗読、筆写

    ⑥2017年6月20日
    朴斗鎭 (박두진)「해(太陽)」解説、朗読、筆写

    ~尹東柱特集~
    ①2016年11月8日
    「自画像」解説と朗読、筆写

    ②2016年11月22日
    「懺悔録」解説と朗読、筆写

    ③2016年12月13日
    「十字架」解説と朗読、筆写

    ④2017年1月10日
    「容易く書かれた詩」解説と朗読、筆写

    ⑤2017年1月24日
    「また太初の朝」解説と朗読、筆写

    ⑥2017年2月14日
    「新しい道」解説と朗読、筆写

    ⑦2017年2月21日
    散文「月を射る」解説と朗読、筆写

    *授業で使われる単語や文書など全ての文は講師が内容を解説します。
    *授業の中で添削指導を行います。
    *場合により課題を出す場合もあります。

    ■レッスンの進め方
    ハングルの構造を理解し「宮体(正字体)」の書き方を覚えて練習する。
    正しく美しいハングル文字の書き方を身につけることにより、ハングル学習の上達にも役に立つ授業を目指す。
    韓国の名詩や小説の解説を聞き、理解した上で集中して筆写することにより、身も心もリフレッシュできる“癒しの時間”を設けます。
    上半期は正字体、下半期はフリム体を書く。
    ※宮体(正字体)、(フリム体)は日本でいう(正字体:楷書)(フリム体:行書)に似たような書き方です。

    ★目標★
    毎年10月に開催するAICC主催イベント「書×芸EXPO」にて開催されるハングル文芸大会「美文字コンテスト」への出展を目指す。

    ■持ち物
    鉛筆・ボールペン(黒)・消しゴム

    ■教材
    ・教材:授業で使用するプリント資料(その都度AICCで用意)

    ・副教材:1.ハングル書芸本 著者:螢園(ヒョンウォン)、ジョン・ミョンジャ)
    2.AIM 6号:Korean Calligraphy(発売:AI Entertainment Inc.)

    (副教材は当日教室にて販売もしております。)

  • 講師紹介

    ■講師紹介
    視聿(シユル)

    韓国ソウル生まれ。
    早稲田大学文学研究科演劇映像専攻。
    早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際関係学、博士。日本滞在歴17年。
    幼初期に数々の硬筆の大会で受賞をする。
    1986年全国白日場(韓国の文芸大会)にて大賞受賞。
    (※韓国での硬筆大会とは主に小学生を対象に鉛筆で宮体の正字体をきれいに書くことを競う大会)
    office joe編著、小倉紀蔵監修『そのまま使えるフレーズ満載 スラスラ話せる韓国語入門(CDつき)』主婦の友社、2016年。音声ナレーション及び校正担当。

    stuff_bimoji

aiccAICC | ハングル文学美文字